何をサポートすれば良いのか

>

出費を事前に把握しよう

出費が訪れるタイミング

現場に行くまでの交通費は、事務所に所属していても支給されないようです。
車で行くならガソリン代、電車やバスで行く場合はチケット代が掛かると思ってください。
キッズモデルは大抵の場合、服を自分で用意して撮影に臨みます。
その時に綺麗に見えるようヘアメイクをしてもらいますが、その際も費用が発生します。
このように、キッズモデルになっても出費が発生すると覚えておきましょう。

ちなみに撮影する時の服は、色やデザインを指定されることが多いです。
指定された条件と異なる服では撮影できないので、よく聞いてください。
子供だと、撮影中に服を汚す可能性があります。
その時のために、現場には条件に一致する服を数着持って行きましょう。

節約を心がけよう

子供がキッズモデルになれば、利益を得られるので生活が豊かになると思う人が多いです。
実際は様々な面で出費が発生するので、工夫しないと逆に家計の負担になってしまいます。
普段から生活の中で節約を心がけておいてください。
無理をする必要はありませんが、使っていない部屋の電気を消したり、冷房の温度を1度上げたりするだけでも十分です。

また買い物に行く時はセール時を狙ったり、買い物袋を買わなくても良いようバッグを持って行ったりしましょう。
このように、普段の生活の中でできる工夫がたくさんあります。
子供がキッズモデルとして活躍できるよう、周囲に協力してもらいましょう。
とくに家族が応援してくれると、子供は前向きに仕事ができます。


この記事をシェアする